健康で始める美容とダイエットブログ。健康になれば、もっと簡単に美容とダイエットが出来ますよ!


by purecasablanca

カテゴリ:食事( 19 )


以前、和菓子について書き、その中で小豆が体に良いと書きましたが、
今回は、その“小豆”についてもう少し詳しく書きたいと思います(^^

小豆の主な成分は、

① ポリフェノール
② アミノ酸
③ 食物繊維
④ 鉄分
⑤ 炭水化物
⑥ カリウム
⑦ ビタミンB群

さらにその煮汁は、葉酸やサポニン、鉄分まであるんです!

疲労回復、肩こり、筋肉痛や、疲れ目の防止、高血圧、高脂血症の予防、コレステロール値と中性脂肪の低下、便秘、むくみなどまで効果を発揮してくれる!

ローカロリーで、ここまで健康になれるスィーツ!
日本の伝統食に感謝です。(^^)!

詳しくは、あるある大辞典でも取り上げられたので、そちらもみてください。

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruazuki/azuki2.html
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-23 06:01 | 食事

★★ 塩の最終章 ★★

そのミネラルが、防腐効果、殺菌効果があります。

それゆえ、

① 体のアトピー
② 冷え性
③ 新陳代謝促進
④ 風邪予防
⑤ 水虫・皮膚病
⑥ 目の疲れ

そして、体以外の使い方として、

1. 盛り塩
2. 置き塩
3. 懐塩
4. 振り塩
(詳しくは、http://plaza.rakuten.co.jp/makohp/8004を見てね)

と日本では、塩は、清めたりする使い方もあります。

平安時代?!ぐらいの陰陽師みたいな人がいろいろな塩の殺菌効果を利用して
清める方法を思いついたんですかね?!

でも、いろいろ考えられた塩の効用は、昔の塩であって、現在の塩ではありません。
先日書いた通り、昔の塩と現在の塩の見た目は似ていても中身はかなり異なりますので…。

以上の事から、我家では自然塩を愛用しています(^^。
料理に使うと、味に深みがあるような気がします。

けれど、自然塩の中に含まれているマグネシウムは、豆腐などを固める作用が
あります。それは、体にとっても、接収しすぎると体も同じように固める作用が
出てきて、肝硬変等になると言う人もいます。

ですので、自然塩を購入されるときは、ちゃんとマグネシウムがある程度除去されいる塩を
買ってみてくださいね。
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-22 07:58 | 食事
昨日の塩の続きです。

なぜ、今まで全国各地で作っていた塩が禁止されたかと言うと

1、戦後工業化が進み、海水汚染が心配された。
2、イオン交換以外の塩の作り方では、土地がかなり必要だったので、
  その土地を解放したかった。
3、工業化が進むにつれて、塩の需要が高まり、塩の安定供給が
  必要となった。

以上が理由で、政府は独占的に塩を作らせました。

しかし、その塩が人間の生活にとっていろいろな影響が出てきたのです…!

現在の塩になってから、まず漬物が腐るようになったと言われています。
とくに沖縄では、塩漬けの物が腐り、昔ながらの塩が欲しいと需要が出て来て、
闇市で天然塩が捌かれるようになったと言われています。

昔の塩で漬けた物は、殺菌、防腐効果が高い物でした。
それゆえ、冷蔵庫の無い時代、日本みたいに湿気の多い国特有の

“おにぎり”“梅干”“漬物”“干し魚”など

塩を使った保存食が多いのです。

その保存食の効果を自然塩から、イオン交換で作られた塩にした所、
同じような見た目の塩なのに、腐り始めたそうです。

それゆえ、今の塩文化食品に急遽、保存料等を入れるようになったと言われています。

何故、同じような塩なのにこのような違いが出てくるのでしょうか?

それは、同じ塩でも成分が違うそうです。

イオン交換で作られている塩は、塩化ナトリウムのみ。

しかし、昔ながらの塩は、塩化ナトリウム以外に

マグネシウム、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、マンガン、コバルト、ニッケル等
沢山のミネラルが含まれています。

さらにつづく・・・
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-19 12:22 | 食事
こんにちは。
今日は風が強いですねぇ~。(~ ~;

もう少しすると暑くなって来ます。そうなれば、食材が痛みやすくなりますよね。
そして、保存を効かせるには“塩”!

と言う訳で、今日のテーマは“塩”です!

皆さんは、どんな塩を使っていますか?
最近は、自然塩が一般のスーパーで販売されているのですが、
値段が高い!と思われている人も多いと思います。

自然塩(昔ながらの製法)と現在の塩の製法の違いについて知っていますか?

昔の塩の作り方は、

大昔 海に打ち上げれられた海草に付着している塩(藻塩)

 ↓ 海水を天日乾しして、水分を飛ばして出来た塩

 ↓ 海水を沸騰させて水分を蒸発して出来た塩

戦後 イオン交換と言われる電気分解で塩分を取り出した塩

簡単な説明では、こんな感じになっています。

そのイオン交換で取り出した塩が現在の塩となっています。

現在の塩は、政府が指定した会社しか作れないようになっており、
その許可を受けた会社は、7社でした。(今はやっと1997年に
解禁されました!)
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-18 13:49 | 食事
おはようございます。
今日はやっと日差しがありそうですね。(^^
週の始り、気持ちよくスタートしましょう~!

さて、今日の話はファーストフード!

皆さん、ファーストフードはよく利用しますか?

日中出かけていて、途中でちょっと小腹が空いて来たり、
子供が“食べたーい!”なんて言ったりして、行く機会って
案外多いのでしょうか?!
体にあまり良くなさそうですし、カロリーも高いけれど、
最近はとても安くてなっているので、ついつい利用してしまいますよね。

我家も、滅多に行きませんが、たまに、無性にポテトが食べたくなったり、
子供がハッ○・ーセットのおもちゃが欲しかったりで利用したりします。(^^

でも、ファーストフードは意外とカロリーが高いですから、
利用頻度が高い方は、選ぶ時にちょっと気をつけてくださいね。

大雑把な目安を書きますので、参考にしてください。

ノーマルハンバーガー  250kacl(ここは覚えてください)
ホットドック      ノーマル1個強
ポテト (S)     ノーマル1個弱
デザート系       ノーマル1個分
チキンナゲット5個   ノーマル1個分
フライドチキン1個   ノーマル1個分
スペシャル系バーバー  ノーマル2個分
ポテト (M)     ノーマル2個弱
炭酸飲料(M)        ノーマル2分の1個
ポテトの味付け     ノーマル2分の1個
オプション(チーズ、タルタル)50kcal

大雑把なカロリー表ですが、覚えるには私は簡単でいいです。
普通に食べて、

ノーマルバーガー+オプション入り+ポテト(M)+炭酸飲料(M)
=ノーマルバーガー3.5個+50kcal(推定900kacl)

で、一日の半分のカロリーも使ってしまいます。

やっぱり怖いですね。

今日から、“ご利用は、計画的に”と消費者金融と同じように一日の食べる食事を
ちょっと意識してみて、ファーストフードを食べてみましょう~!
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-16 09:15 | 食事
ダイエットのための最強の味方と言えば、食物繊維!。
でも、みなさん食物繊維が実際どのような物かご存知ですか?

食物繊維とは、まず体内消化されません。
この食物繊維は、吸収するための物ではなく、排出をさせるための物なんです。

主な働きは、

1、 便通をよくする!(腸の中で、溶けていないので洗浄効果あり!)
2、血糖の上昇を抑えて糖尿病を予防する。
3、コレステロールなども体外に排出して、その結果動脈硬化を予防効果あり
4、腸内の善玉菌を増やし、整腸作用をする。
5、吸収されないので、満腹感が持続しやすい。それゆえ、食べすぎをストップさせる。

食物繊維の摂取目標量は1日に20~25gです。
出来るだけ1日350g以上の野菜や海草、きのこをたっぷり摂りましょう~!(^^。

食物繊維が含まれている食べ物は、こちらに書いてあります。
http://health.www.infoseek.co.jp/library/0300/w0307011.html
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-11 05:17 | 食事
おはようございます。(^^
健康食と言われるものは数多くありますが、今日はその中でも“玄米”について話そうと思います!

玄米は健康食品として、有名ですよね?私の家も時々白米と混ぜて食べています。

玄米には、ミネラルが含まれていて、さらに食物繊維が豊富。それゆえ、御通じもよく
なるとして、便秘にもいいですと言われています(^^。

さらに玄米に含まれている成分のフィチン酸は、解毒作用もあるらしいです。
それによって体内の毒素も出してくれるので一石二鳥とも言われています。

でも、違う危険性を唱える人もいます。その解毒作用が危ないと言うのです。
玄米を摂取すると、玄米が本来持っている解毒作用が強過ぎて、毒素を体外に出そうとするのと一緒にミネラルも出してしまうらしいのです…!。

このように人によって説が違うのは、やはりまだ完全にその作用が解っていないからなのでしょうか…。人の体は本当に複雑なのだろうなぁと改めて思います。

それゆえ、我が家は、健康食材については、過ぎずの食べ方にしています。

玄米の場合は、100%玄米にするのではなく、時々混ぜて食べる。

と格好良く書きましたが、白米の方が美味しく感じるから、どうしてもそっちがメインだったりして。。。(笑)

皆様も偏りすぎず、中道の食べ方でやってみませんか?そうすれば、楽しく美味しく食べれますよ!
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-10 08:08 | 食事

生姜って、紅茶に入れて飲むと体が温まり、冷え性改善に使われたり、お寿司の脇役として、生魚の解毒剤として使われるなど、意外と多用されていますが、みなさん食べていますか?

中国の漢方薬の中には、生姜が入っているのはとても多いんですよ。

生姜には、ビタミンB1,B2,Cなどが少し含まれていますが、あまり目立った栄養素はありません。でも、昔から毒消し、におい消しとして日本でも色々な料理に用いられてます。

生姜の成分は、魚や肉などの臭みの成分と結合してにおいを消すらしいです。胃液の分泌を促し消化を助ける効用、発汗作用もあります。特に殺菌作用については、食中毒の予防に効果的です。それ以外に風邪の引き始めには、とても体にいいと言われています。

妊産婦とかの薬を飲めないような状態の人には安心最適のおいしい薬ですよ!
それ以外に生姜で湿布も可能なんですって!(^^
それと、妊婦には、最適な理由として、ツワリを抑える効果もあるそうです。(へぇ~)

日常の野菜なのに、薬にもなってくれるような生姜。今晩は、豚肉の生姜焼きにでも
してみませんか?(笑)
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-08 08:04 | 食事
今日の朝の続きです。
この前半部分を読んでいない方は、
それも読んで頂ければ、よく解ると思います(^^

続き・・・・

牛乳があまり体に良くないと書いてある部分で、我が家が納得した部分は、

1、 乳牛は本来、一日4.5Lのお乳を出すのが普通だが、今の乳牛はホルモン剤を投与され45Lぐらい(10倍!!)の牛乳を搾り出されている。
2、 牛は、普通25年ぐらい生きるのに、乳牛はホルモン剤と抗菌剤で、5年ぐらいしか生きられないぐらい薬漬けにされている。
3、 一世代前の人と比べて、女性のバストカップはUPしているらしい。また、牛乳をよく飲んできた女性ほどその傾向が強いらしい。(乳牛のホルモン剤の影響?!)
4、 その結果、幼年期に牛乳を飲んで育っている国の女性とそうでない国の女性は、乳がんの発生率は格段に違うらしい。
5、 ホルモン剤の牛乳を飲んでいるから、初潮も5年ぐらい早くなっている傾向があるらしい。それによってどう体が変化するのかは未知数・・

との事。
人によって、考え方や感じ方も違うと思うので、上記の事はあくまでもご参考程度に…

我が家は、やはり牛乳が好きなんで、一日コップ1杯までとして飲んでいます。(^^

ちなみに、私のイメージでは、牛乳=カルシュームなのですが、
牛乳以外で我が家が良く食べるのは、

ほうれん草
小松菜
小魚
カブ
青梗菜(チンゲンサイ)
ブロッコリー
ひじき

こんなにCaを多く含まれる野菜が多いことに改めてビックリ!
詳しくは

http://kurashi.hi-ho.ne.jp/diet/style/calcal.html
に掲載されていますので、みてください。

これからは、牛乳だけに頼らず、他の食品でもCaを取って行こうと思った
私でした。(^^



豆知識

牛乳を飲んでおなかを壊す理由は、あれは消化酵素のラクターゼがないかららしいです。
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-04 18:31 | 食事

おはようございます!
気が付けば、GWもあと2日…!皆さん、満喫しましたか?
我が家はこれから友達とBBQです。
お天気が良いのは嬉しいのですが、日焼けがちょっと気になる…(^^;

さて、今日の話は“牛乳”です!

皆さんは牛乳を良く飲みますか?
私は、小さい頃から牛乳を飲んで育ち、我が子達も牛乳大好きで、夏などは一週間に子供2人で4L弱も飲んでいたんです。
牛乳の取りすぎは良くないと聞いていたのですが、手軽にカルシュウムも取れるし、自分もずっと飲んで育ったので抵抗が無くって…
でも、最近、牛乳は飲ますなとか、牛乳があまり体に良くない話を耳にすることが出てきたので、ちょっと調べてみました。

その結果、牛乳は体に良くないと書いてある本が意外と多かったんです…!

つづく・・・
[PR]
by purecasablanca | 2005-05-04 10:10 | 食事